SIMフリー端末のメリットとデメリット

  • SIMフリー端末のメリットとデメリット

    • ここ数年で一気に市場シェアを広めた「スマートフォン」ですが、大きく分けると「SIMロック端末」と「SIMフリー端末」の2つに分けることができます。SIMロック端末とは、大手キャリアとの契約が必須となる端末のことで、特定のキャリアでなければ使用することが基本的にできないタイプのスマートフォンのことを指します。

      これに対して、キャリアを限定せずに使用することができるスマートフォンのことをSIMフリー端末とよんでいます。



      SIMロック端末のメリットはさておき、SIMフリー端末のメリットは「どこの通信業者のSIMカードでも対応可能」という点です。一部、相性や互換性の問題で適応しないSIMカードもありますが、そういった不具合を除けば基本的に自由な選択で通信業者を選ぶことができます。


      大手キャリアの場合は「料金が高い」というデメリットがありますが、いわゆる「格安スマホ業者」を選択することでその問題を簡単に解決することができます。

      ただし、SIMフリー端末にはデメリットがないわけではありません。



      汎用性が高くコストの削減が容易なメリットがある反面、それを実現するために端末の製造コストを削減している場合が少なくないため、「安っぽいデザイン」など人によっては大きな問題にもなりかねない特徴があります。



      また、独自の通信回線を利用しているわけではないので電波の安定性が低くなってしまう可能性もあるので、あらかじめ把握しておく必要があります。